Loading...
ブログ日本国内人材紹介

リクルートメントにおけるKPI

最近よく耳にするKPI、その KPIとは?

「重要業績評価指数、目標の達成に向かってのプロセスが適切に実行されているかを評価するもの」と定義されています。

さてKPI、私たちリクルーターは大好きが泣きたくなるほど大嫌いかのどちら極端に分かれると思います。なぜなら私たちが日常的に行うフィードバック、コメントやレジュメなどはKPIを行うには絶対不可欠だからです。そのKPIがREC TO RECにおいて離職の理由してよくきかれます。 よくきかれるのは、

*クライアントとの関係さえも築くこともできない無意味なただ数をこなすだけのレジュメ

*スパムのように無差別に送る以外,週に15通以上のレジュメを送ることは極めて難しい

*そんな状況を上司は全くそれを気にもとめないところか話さえ聞いてさえくれない

 

KPIを達成のためだけの無意味なレジュメ

それは続ける意味があるのであろうか。ただ数多くのレジュメを送るのか、適格な質のいいレジュメを送り確実に成果をあげるか、答えは明確である。

 

なぜKPIなのか

KPIを行う理由として聞かれるのが経験のあるコンサルタントやマネージャーならば、経過や原因分析やが出来るであろうが、ほとんどの場合は、週に一定以上ものレジュメやフィードバックなどができなければ批判をするという理由として使わているように使われている。経験のあるコンサルタントからでさえKPIについては否定的に感じているようである。管理や評価をするシステムだけがほしく、実績のあるチームでさえ毎週毎週KPIの数字をやかましく言われ、追い回わされ彼らを苛立ただせるのはだだのパフォーマンスの減退だとの意見もある。

 

派遣会社において成功するKPIの使い方

私は自分自身のKPIを設定し、分析と自分を管理する手段として行っている。

ビジネスにおけるパイプラインを築くのは重要な手段である。KPIを設定するにはその重要なビジネスパイプラインと個々のパフォーマンスのレベルを見抜き設定する手段が必要である。事実、一人一人を見抜き設定するのは難しいが。

ほとんどのマネージャーはマニュアルやビジネス書に沿ったことを行っているだけに思える。マネージャーが正確な提案と導きをすることことが出来るかどうかこれが大きな違いであろう。

KPIの本質を思い出してほしい。KPIはだた言われるがままに数字を追うのではなく、正しく理解して使うならばこれほど有力なツールはない。

 

東京の派遣会社におけるKPI

KPIは今すぐになくなることはないであろう。私たちも東京での多様化されるプロセスとKPIについて私たちも学ばなければクライアントの助けにはならない。

重要なことはKPIの意味を読み取り、会社がKPIをどのようにマネージメント手段としているか、目標に向かって効果的な選択をし、また改善が出来るかであろう。

DSリクルートはそんな環境が取り巻く現実を受け止めながら、あなたに合う会社を見つける手助けをしていきたいと思っています。

 

5.00 avg. rating (95% score) - 1 vote

Editor's choice
X